スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に大人である必要はありません

2013年08月23日 18:55

HP記事では、うるさいくらいに(汗笑)、
「エスに負けずに大人になりましょう」と書きましたが、
今回はそれについての補足です。^^ゞ


まず基本的に、私たちの心、精神の『素の姿』はエスです。
これは生涯、どんなに努力しても変わることはありません。

つまりエスは産まれたままの心、心の原形であり、
本当のあなた自身、あなたの元の姿なのです。

私たちは、そんなエスという幼い心を持ちながら、
その時々の必要に応じて自我が『社会的な行動』をとり、
生活を営んでいる・・と考えて下さい。

たとえば、家庭の中では良い夫であったり、良い妻であったり、
社会の中では、真面目な会社員であったり・・と、
その時々に応じて『その役割を演じている』わけです。
※その時々に仮面を取り換える、と考えても可です。

そういう意味で言えば『大人になる』や『人格者』と呼ばれる人は、
『バランス良く役割を演じられる人』なのかも知れません。


さて、ここからが本題です。

クライアントさんや、ホームページ記事を読んで下さった方から、
よくご質問を頂くのは、

「頑張ってみましたが、どうしても大人になりきれません。
自分はやっぱりダメな人間なのでしょうか・・」

です。

答えから申し上げますと、「そんなことはありません」
大人になりきれないのは、ある意味「当然なこと」なのです。

その理由として・・

冒頭に書きましたように、私たちの心の『素の姿』はエスで、
それはどんなに頑張ろうとも、変えることはできません。

そしてエスとは、理知とは無縁な、とて原始的で幼稚な精神です。

私たちはそんな赤ん坊のようなエスに、その時必要な仮面を無理やりつけて、
社会生活を『取り繕っている』に過ぎないのです。

ですから当然、良い妻を演じたあと、ホッとしたときに
ワガママな自分が出てしまったとしても、それは不思議ではありません。

真面目な会社員を演じたあとに、繁華街で一杯飲んで、
ちょっとハメを外したとしても、それは「あり得る話」です。
※もちろん程度の問題はありますが。(笑)

むしろ、四六時中、正座して『いい人』を演じるなんてことは、
無理というより不可能なことなのです。(^^;

なので、こう考えてみては如何でしょう。

怠けちゃえ、や、テキトーでいいよ、というエスの要求に負けず、
「頑張るべきときに頑張れる人を目指してみよう」
「今日の自分は大人だったな・・と思える日を少しずつ増やしてみよう」


昨今『自分にご褒美』という話をよく耳にしますので、
この言葉を使って、
「今日はとても頑張れた、だからこれをご褒美に」と、
ケーキを買ったり、晩酌を多めにしたり。(*^^*)

逆に「頑張れなかったなぁ」と思ったときは、
「明日こそご褒美を勝ち取るぞ」くらいな感じて。(^^)v


ともあれ、私たちの心の原形であるエスは、
一筋縄ではいかない相手、とても手の焼ける相手ですから、
少しずつ頑張り続けるしかないのです。

しかし、頑張り続ける、その継続によって、
自我が(ある程度)エスをコントロールできるようになれば、
あなたの生活も、はるかに向上しているはずです。


最後に・・繰り返しになりますが、

もちろん、四六時中、大人である必要はありませんし、
それは不可能ですから(成れなくても)安心して下さい。
スポンサーサイト

続・ストレス耐性

2012年12月19日 21:55

いつの間にか4年ぶりの更新になってしまいましたが、(^^;
今回は、前回のストレス耐性の続編です。

前回、現代人はストレスに耐える力が弱くなってしまった、
それは、乳幼児期に適度な我慢を学習してこなかったからである・・
という話をさせて頂きました。
つまり、過保護もほどほどに・・ということですね。

今回は、ある意味その真逆で、
乳幼児期には、もっとかまってあげてください。
そうすれば、大人になってストレスに耐える力が出せるようになります。

という話をさせて頂こうと思います。

あれあれ・・かまうなと言ってみたり、もっとかまってあげてと言ってみたり、
「いったいどっちなの? どーすりゃいいの?」
ですよね?(^^;(汗笑)

しかし、あらかじめ申し上げておきますが、
「過保護にする」ことと、「かまってあけること」はまったく別のことです。

過保護というのは、「かまい過ぎ」、「やり過ぎ」てしまうことで、
どちらかと言うと、相手のためというより、自分が気になるからやる、
不安だからやる・・という自分本位な意味合いが強く、
悪く言えば、過干渉で「有難迷惑」な行為のことです。

そして「かまってあげる」ことは、相手(ここでは乳幼児)に、
深い愛情と関心をもって「見守ってあげる」ことを言います。

もちろん過保護にも愛情的要素はあるのですが、
愛するあまりに相手を壊してしまう場合がある・・ことの警鐘も含めて、
ここでは、
過保護=相手の為にならない自分本位な干渉
かまってあげる=愛情ある見守り

という定義で話を進めたいと思います。


さて、前置きが長くなりましたが、
では、なぜ、そうした「かまってあげる」行為がストレス耐性に必要なのかです。

結論から申し上げれば、
人間の0歳から3歳くらいまでの乳幼児期は、とても無力なので、
そんな彼らにとって「守られている」という安心感と、
守ってくれる人の存在は、絶対不可欠なのです。

その不可欠さは、大人が想像する以上に強大で、
常に不安にさらされている彼らにとっては、
空気と同じ「これが無くては生きてはいげい」くらい、
欠かすことのできないものなのです。

そして、乳幼児である子どもは、
初めての経験ばかりの不安の中で、「かまってくれる人」の存在を感じながら、
そうした安心感に包まれながら、
冒険をし、時にはすぐに満たされないストレスを学習しながら、
成長していくわけです。

子どもがすぐに親の顔を見るのは、
親のご機嫌をうかがっていると言うよりは、、それもあるかも知れませんが(苦笑)、
自分を見守ってくれている人の存在を、確認している
と思ってあげたほうが良いかも知れません。

繰り返しになりますが、
それくらい子どもは、常に不安の中で暮らしているわけです。


そして、きちんと見守られて育つ子どもは、
安心感の中で、いろいろなことを経験し、時には我慢をし、
さまざまなことに対する対処法を学習していくことができます。

ここで何が大事かと言えば、自分を信じることの、自信が身に着くことです。

たとえば、欲しいものがあっても「すぐに自分のものにはならない」ことを覚え、
「大人になったね」と褒められることで、
自分は日々成長しているのだという自負心と、その確信が持てるようになります。

そうしたことを重ねることによって、揺るがない心、自分を信じる心が芽生え、
ストレスにも耐えられる人格が育つわけです。

その間、親ができることは、子どもが感じるストレスを共有し支えてあげることです。
親にしてみても、子どもが何かを欲しそうな時には、
子どもの悲しそうな顔を見るのが忍びないあまりに、
すぐに渡して(買って)あげてしまうことが少なくありません。

そりゃ、子どもが悲しむ顔より、笑っている顔のほうが良いですからね。(苦笑)

しかしそのときに、グッと我慢して、
親も耐える、子どもも耐える・・が我慢・ストレスの共有です。

そうすることで、子どもは親との一体感を感じるとともに、さらに信頼感を強め、
さらに、さまざまな冒険(体験)を積むことができるようになります。

※ただし、上記のことは子どもの年齢(月齢)や、求めているものなどの状況が
きちんと加味されたものであることが前提です。

産まれたばかりの乳児が泣くのをみて「お腹すいたの?でも我慢なさいね」は、
あまりにも酷ですからね。(苦笑)
あくまでも段階を追って、我慢を覚えてもらってください。(^^;

そして、もう言わずもがなですが、
子どもが体験することより先に、転ばぬ先の杖で、
親がなんでもしてあげてしまう過保護が、
無意味である以上に、子どもからさまざまなものを奪ってしまう害であることも
お分かり頂けたと思います。

どうか、お子さんのことを真に想った見守りをしてあげて下さい。
きっとお子さんはそれに応えて、芯の強い、ストレスに強い大人になってくれるはずです。


さて、ここからは余談ですが、
前回の記事から4年近く経ってみて、
ストレス耐性の弱い新成人たちが、さらに増えているように思います。
「それは、世の中がこうだから仕方がない」
と言ってしまえば「それまで」ですが、(^^;
その『世の中』を形成しているのは、ほかでもない、私たち一人ひとりであり、
ストレス耐性の弱い子を産出している私たち大人なのです。

その要因のひとつを簡単に述べるなら、
子育てとは名ばかりで、本当は子育てをしていない親たちが如何に多くなったか、
ということではないかと思います。

子育てをしていないという言葉が悪いのであれば、
子育てをしているつもりの、子どもをちゃんと見て(かまって)あげていない親が多くなった、
と言い換えても構いません。

とにかく、親自身が自分のことで精いっぱいなのか、
はたまた、まだまだ遊びたいお年頃なのか、(汗笑)

食事や、幼稚園などの送り迎えはしているものの、
ケータイや何かに夢中で、
ちゃんと子どもとアイコンタクトすらとれていないのではないか、
と思うケースが増えています。

そのことを指摘すると、あるお母さんは、
「わたしか子どもの犠牲になれと言うのですか?」
と切り返してきたのですが、

そうではなく(^^;もちろん、犠牲とかそういうことではなく、

せっかくお子さんを授かったわけですし、
お子さんと親密に付き合える時間(年月)など、思うより長くはないのですから、
もっとお互いにベタベタしてみてもいいんじゃないか、
という提案なのです。

もちろん、子育ての主役は親ではなく、あくまでも子どもたちですから、
時間や労力を使ってあげることも多いかも知れませんが、
それこそ真剣に子どもと付き合ってみたら、親自身も満足のいく、
かけがえのない時間を過ごせるはずです。

斯くいう僕などは、あまり「かまってあげられなかった親」で、
いまでは深く後悔しています。(^^;


できれば、親を含めた大人たちが、子どもたちへの関心をさらに深め、
地域ぐるみの子育てをして、社会に送り出してあげる
という、昔ながらの循環が復活できれば、
さらにストレスにでも何にでも強い人たちが増えて、
社会全体が豊かになれるのですけどね。^^ゞ

ストレス耐性

2009年01月30日 23:53

最近、ストレス耐性という言葉が

使われるようになりました。

これはストレスに対する抵抗力みたいなもので、

この耐性が弱いと、心が病みやすくなってしまったり、

ちょっとしたストレスも我慢できず、すぐにキレてしまう

などの弊害が起きてしまいます。


心が病みやすい、すぐにキレてしまう・・・

いまこのことが社会問題になるほど、

ストレス耐性の弱い人が増えています。


さて今回は、このストレス耐性を精神分析学的に

考えてみたいと思います。


いきなりですが、話は生まれたばかりの乳児期に

タイムスリップします。


生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ自我がなく、

エス(無意識)一色の状態です。

母親の胎内にいたときには、お腹がすけば、

すぐに補給され、ウンチやおしっこの不快感もなく、

いわばストレスがまったくない※状態でした。

※ただし、母親の状態によって異なります。


しかし、この世にオギャと生まれてきたら、

そうはいきません。

「お腹がすいたなぁ」と感じても、すぐに食事(母乳)が

もらえるとは限らず、ウンチやおしっこでオムツが

汚れても、すぐに取り換えてもらえるとも限りません。


生まれたばかりの赤ちゃんは、そうした不快な状態になると、

我慢ができず、警告サインのようにむずがったり、

すぐに大泣きしてしまいます。(^^:


これはエスが「少しの不快も我慢しない」という

快楽原則にあるからです。

誕生とともに芽生え始める自我は、このエスが訴える

不快(反応)をすぐに取り除こうとしますが、

まだ未熟ですから、うまく対処できず、オロオロと

非常に不安になります。

こうした不安を本能不安と云うのですが、今回は

その話ではありません。(^^:


本当であれば、そうしたエスの発する不快反応に

対する不安を、自我が我慢することを、

覚えなければならないのです。

・・・が、このとき母親なり、赤ちゃんを看る人が、

赤ちゃんの反応(むずかり、泣くこと)に過敏になすぎて

むずがらせないように、泣かせないように

してしまうと、自我は我慢を学習できず、

かえってストレスに弱い子どもに育ってしまう。

ストレス耐性の弱い人ができてしまう
わけです。


まあ、なかには「泣け泣け、泣くのが赤子の商売や」

と泣かせておく親御さんもいらっしゃいますが、

それも一理あって、無理に泣かすこともないんですが(笑)、

不自然に気を遣うことをせず、

腹がへったら、ひもじいもんや

お尻が汚れたら気持ちが悪いもんや

それも現実や

いまやってやるから待っておれや


と、不快なことも覚えさせ、我慢することを

覚えさせてあげることも大事
なんじゃないかと

思うのです。


つまり、そうした乳幼児期の過ごさせ方が、

ストレス耐性の強弱のカギを握っている。

赤ちゃんは、そうやって現実のなかで、

我慢することを覚え、ストレス耐性を

育んで行くわけです。


でもそうやって考えると、

子どもがむずがったり、泣いたりするのを、

どれだけ我慢して見守ってあげられるか・・・

まあ、見守るっていうのも変ですが(^^:)

親としては子どもに不憫な思いはさせたくない。

けど「これがこの世の現実だ」と教えてあげる、

そんな「せつない」ことに耐える親自身のストレス耐性が、

子どもの耐性を育ててあげるカギ
なのかも知れませんね。


どうぞ、過保護になり過ぎないようにして、

ストレス耐性の強い子(人)に育ててあげてください。

そのときの精神状態(2)

2008年12月09日 23:51

さて、前回の事件に関連して、もうひとつ・・


ある報道(ワイドショー)で、

容疑者の彼は普段から、女性をつけ回すなど、

獲物を狙っていた・・・と「獲物」という

表現が頻繁に使われていましたが、

彼には「獲物」という意識はなかったと思います。


それはある意味、小さな子どもが、

何も先入観も恐れもなく、好意的な気持ちや興味で

人と接触しようとする(人に近づいていく)行動と

同じ・・・と考えて良いと思います。


たとえば、

ちょっと怖そうな人が居たとします。

普通なら(知的な精神状態が正常に働いている場合なら)

「あの人、ちょっと怖そうだから近づかないでおこう」

と思うのですが、

そうした恐れなどの知的な抑制を感じないから近づいてしまう。


つまり、「これはちょっと危険そうだ」

「良くないことだ」という感覚もそうですが、

「これを、こうしてやろう」という

獲物を狙う感覚や、計画的な企み(たくらみ)という感覚は、

知的な精神が働いて初めて成立することなのです。


ただ今回の彼の場合、そうした知的な部分に障害がある

と云われていますから、獲物や計画的というよりも、

ただ単に「無邪気な興味が、そうさせた」と云ったほうが

適格な表現だと思います。


もちろん逆に、無邪気という、悪意(悪い心がない)状態

ですから、かえって難しい・・・という部分もあります。

つまり、相手に不快感や危機感を与えている、

という自覚が無いのですから、難しいわけです・・・



そして彼の行動を、精神分析学的に考えるなら、

近づきたい、接触したい(触れたい)という、

『性の欲動』が優位に働いている状態です。


ここでいう『性の欲動』とは、人間の持つ原始的な

本能を云います。

そしてそうした欲動が強く行動に現れるのは、

精神の無意識支配が強いとき(幼少期)であるか、

(大人でも)精神が無意識に退行したときです。


たとえば、小さな子どもは、知的な意識部分がまだ

十分に発達しておらず、原始的な無意識(性の欲動)が、

行動のほとんどを支配しています。

ですから子どもは、母親との接触を多く求めたりしますが、

それはそうした『性の欲動』が働く為です。


そして知的障害と云われる彼も、小さな子どもと同じような

無意識(性の欲動)支配の強い行動だったのかな、

と推測できるように思います。


ただし、繰り返しになりますが、

『性の欲動』とは云っても、小さな子どもが

セックスなどの性に(まで)興味が向かていないのと同様に

知的障害と云われる彼も、成人が考えるような性にまで、

興味が及んでいないはずです。


つまり、今回の事件の彼の日常行動は、

誰かと温かい交流がしたい、触れて安心感を得たい

と云った、ある意味、小さな子どもが持つような

(「お母さん、ダッコ」と云った感じの)

『原初的な生理感覚』だったのではないか

と考えられるわけです。


もっとも、そうした、

「いやらしい気持ちはないのだ」という

心理状態が仮に理解できたとしても・・・

(相手が)小さな子どもなら、接近されても警戒心や、

「気持ちが悪い」という感情にはならないですけど、

身体の大きな人に、後を追われたり、声を掛けられたり

したら、それは怖いことですよね。。


しかしもちろん(誤解のないよう最後に書いておきますが)

すべての知的障害の人が、そうした性の欲動だけに

支配されてしまっているわけではないですし、

きちんと抑制して、普通に生活している人のほうが

はるかに多いわけで、ここまで書いてきたことは、

『今回、容疑者になってしまった彼』に関してのことです。


しかし、幼稚的な行動がどうしても多くなってしまうために、

知的障害の人が偏見や警戒の目で見られてしまうとすれば、

それはとても残念なことです。



もちろん「一部の奇行をしてしまう人」との関わり方と

犯罪の抑止を考えて行くことが急務なのは確かですが、

並行して(同時に)

「偏見のない社会にして行くにはどうしたら良いのか」

についても、(大変難しいテーマではありますが)

この事件を機会に真剣に取り組んでいく必要があると

強く感じました。



※ちなみに・・・

世の中に起こる性犯罪や性的奇行は、

精神の退行によって『性の欲動』が暴走してしまった

状態と考えることができます。

これは性の欲動、犯罪という話の余談として。

そのときの精神状態(1)

2008年12月09日 23:48

秋に千葉県で幼女が殺害された事件で

最近、犯人である男性が逮捕されましたね。

被害に遭われた幼女と、遺族の方は

本当にお気の毒で、事件の重大さを感じます。



実は、とある場所で、

容疑者の彼の『断片的で、はっきりとしない記憶』

というときの精神状態が分かりづらい

という話になりました。


なので今回は、そのことについて

少し考えてみたいと思います。


まず僕が報道を見ていて感じたのは、

容疑者(加害者)の供述がとても曖昧で、

人間の意識と無意識は、ほんと薄い紙一枚の

背中合わせのところにあるんだなぁと

云うことでした。


たとえば供述では、

幼女がいつの間にか部屋にいて、

(次には)いつの間にか倒れていて、

(その次には)幼女を白い建物の前に遺棄していた・・


と、『いつの間にか』という感覚や、

「・・・していた」と云ったような、

まるで他人事のような話が次々と出てきます。


おそらく容疑者の彼本人にしてみれば、

断片的な記憶しかなく、

「それが自分のした行為」とは感じられない

夢の中の出来事のように思えているのかも知れません。

図にすると、こんな感じなのかな・・と思います。

middle_1228811765.gif

その精神状態を考えるとき、

子どもの行動を思い出してみると良いかも知れません。

小さな子どもは、まだ意識が十分に発達しておらず、

無意識的な行動を多くとります。


そして無意識的なぶん、集中力が凄いですから、

夢中になると、その部分の記憶がとても断片的に

なる可能性があります。


でも、勉強などで集中しているときには、頭が冴えて

逆にそのときの記憶は鮮明に覚えているのでは?

と思いますよね。(^^:


たしかに集中力が増せば、勉強ははかどるのですが、

しかし、思い出せる記憶としては、どうでしょう?

案外と思い出せないのではないでしょうか。

だから、勉強のときなど夢中になりながらも

一所懸命にノート書きする・・・とも。(^^:

そして意識的に戻ったとき、それを見て

「ああ、こんなに勉強したんだ」って。(笑)


容疑者の彼には知的障害があると云われています。

それでも数年間は普通に就労していたのですから、

障害のレベルはそれほど高くはないと思いますが、

知的という意識部分の発達に障害(遅延)があると

すれば(健常者と呼ばれる人と比較すれば)

子どもと同じような『無意識支配の強い精神状態』

なのかも知れませんね。


そしてそれは、報道されている普段の彼の行動・・・

女性や子どもを追い掛けたりする・・・からみても、

その傾向を感じます。

(このことは、もうひとつの記事に書きます)


話が、あっちこっちへ行ってしまいましたが、

彼はきっと、事件の当日も、日頃の行動でも、

夢を見ているような(幼児のような無意識的)で

あることが多かったのではないかと思います。

なので(一般で云うところの)動機という動機も、

特別には無かったのではないでしょうか。



しかし、そうした状態は何も彼が特別というわけではなく、

健常者と呼ばれる普通の精神状態の人でも、

日常的に起こり得る現象です。


たとえば、何かに夢中で、

気持ちがそこへ「入り込んだ(のめり込んだ)」とき、

人はその最中の記憶がとても曖昧になります。

とくにそれが酷く夢中であるほど、

「いつの間にか(その行為が)完了していた」

という話は、みなさんにも経験があると思います。


つまり、この『夢中』という精神状態が『無意識』であり、

夢中であればあるほど、

無意識の結構深い部分(場所)に精神状態があった

と考えて良いと思います。


ある意味、犯罪を犯してしまった人の精神状態も

(誰しも)そうした「無我夢中」の状態と云えるかも

知れません。


ですらか、

「そうした人たちの心理状態が理解できない」

と思うときには、自分自身が

「何かに夢中になったとき」のことを思い浮かべて

みると、より分かるかも知れません。

あるいは、お酒に酔って「ゆうべの記憶がない」

ときの状態ですね。(^^:


そうしたとき、人間は『無意識の状態』であり、

意識されない行動をとっていますので、

そうした状況を考えてみると、

「何かをしてしまうとき」の精神状態への理解

に近づくことができるかな・・と思います。



ちなみに・・・この先は余談です・・・


もちろん、上記のような状態でも、いわゆる理性が

働いていれば(そうした理知的なものがあれば)

犯罪や、「おかしな行動」は抑えられているはずです。


ですが・・人間には難しい心の部分があって、

(無意識の中に)抑圧された気持ちが複雑であるほど、

その無意識の状態になると、理知の制止も緩んで

普段では考えられない行動をとってしまう場合があります。


とくに、普段がとても真面目で、抑制的な人ほど、

その反動で、信じられない行動に出てしまうことも

珍しくはありません。

そうしたことは、真面目を絵に描いたような人が

お酒を飲むと「乱暴な人に豹変する」などで

よく見かける光景だと思います。


つまり、人間の意識・無意識という問題は、

とても難しいけど、(誰しも)とても密接。

だから、決して(そうした事件も)他人事ではないんですよ・・・

という話ですね。(^^:


ならば、どうすれば、そうした無意識の暴走を防ぐことが

できるのか・・・ですよね。


それはやはり、普段から自分の無意識を考えてあげること。

もちろん意識できないから無意識なんですけど、

自分の無意識が「どんな状態なのかな」と意識してあげる

だけでも良いと思います。


たとえば、自分は「こういうことがとても不愉快」と

思うことがあれば、「どうしてそれが不愉快なんだろう」

と考えてみる。

もしそうした追及ができれば、意識的な部分である程度

(自分の心の問題が)解決ができるかも知れませんよね。

そうすれば、不要な抑圧もしないで済むかも・・・

と云ったような、セルフ的な『心のケア(心の整理整頓)』

に繋がるように思います。


要は「そうに違いない」という、思い込み(先入観)を

できるだけ心に背負わせないようにすることが、

意識・無意識を併せた『自分の心』の健康(心の自由度)には、

とても大切である・・・という話なのであります。


・・・と、完全に事件とは関係のない話になってしまい

ましたが、何かの参考にして頂ければ幸いです。