スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意識のイタズラ?

2008年08月16日 23:37

「しなきゃ」と思うのに「できない」ことは

よくあることですが、それはべつに出来なくても、

「やりたくないから、しなかった」

と理由がはっきりしているから良いのですが・・・


これが「したい」のに「できない」になると、

どうしてだろう? 

と、やっぱり思ってしまいますよね。


だって、「したい」のに行動に移せないのですから、

それは不思議だし、気持ちが悪いですから。。(^^:


でも私たちの心には、そうした矛盾がよく起こります。

それは何故だと思いますか?



私たちの心には、自分でも意識できない

無意識という領域があります。

無意識には、私たちが生まれてから経験したことや、

そのとき感じた思い(感情)などが記憶されています。


そして、その無意識にある記憶が、私たちに行動させたり、

行動にストップをかけたりしている
わけです。


たとえば、

とても好きで好きで、たまらない彼女がいたとします。

そして彼女も自分のことを好きでいてくれて、

ふたりで「いますぐにでも結婚したいね」

と、毎日のように話をしています。


しかし不思議なことに、いざ結婚の準備をしようと

すると、何かに邪魔をされているみたいに

なかなか行動に移すことが出来ません。


先日も一緒に「式場を身に行こう」と約束していたのに、

うっかり朝寝坊をして、目が覚めても何となく気が向かず

とうとうすっぽかしてしまい、

「本当に結婚する気あるの?!」

と彼女を激怒させてしまいました。


自分としても「彼女と、いますぐにでも結婚したい」

と思うので、自分で自分が分からない・・・

親友に相談すれば、

「疲れが溜まって起きられなかっただけだよ」

「気分が『うつ』だったんじゃない?」

「あ、おまえ、マリッジブルーかもよ」

と励まして?くれますが、なんともスッキリしない。

オレって、本当に彼女と結婚したいのだろうか?

ますます気が滅入ってしまった・・・


さてこの場合、かなり落ち込んでいる様子なので、

この男性が彼女のことを好きなのは間違いないし、

結婚したいのも事実のようです。


しかし、結婚という次のステップを踏み出せないこと

を考えると、もしかすると、『結婚』や『結婚生活』

などに対して、何か気掛かりなことが無意識の中に

あるのかも知れません。


たとえば、両親が離婚しているとか、

母親か父親が「結婚なんてするもんじゃない」など

日頃から愚痴をこぼしているとか・・・

結婚に対して、そうしたネガティブなイメージや

はっきりとしたトラウマ(心の傷)が、彼の無意識に

あるとすれば、結婚に積極的になれない理由にも

うなずけますよね。


この例のように対象がはっきりしている場合は

もちろんですが、

頑張ってみたい気持ちはあるのに、

「なんとなく、物事に積極的になれない」

というような場合でも、もしかしたら、

あなたの無意識の中に、何かブレーキをかける

要因(トラウマのようなもの)があるのかも知れません。

スポンサーサイト