スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常に大人である必要はありません

2013年08月23日 18:55

HP記事では、うるさいくらいに(汗笑)、
「エスに負けずに大人になりましょう」と書きましたが、
今回はそれについての補足です。^^ゞ


まず基本的に、私たちの心、精神の『素の姿』はエスです。
これは生涯、どんなに努力しても変わることはありません。

つまりエスは産まれたままの心、心の原形であり、
本当のあなた自身、あなたの元の姿なのです。

私たちは、そんなエスという幼い心を持ちながら、
その時々の必要に応じて自我が『社会的な行動』をとり、
生活を営んでいる・・と考えて下さい。

たとえば、家庭の中では良い夫であったり、良い妻であったり、
社会の中では、真面目な会社員であったり・・と、
その時々に応じて『その役割を演じている』わけです。
※その時々に仮面を取り換える、と考えても可です。

そういう意味で言えば『大人になる』や『人格者』と呼ばれる人は、
『バランス良く役割を演じられる人』なのかも知れません。


さて、ここからが本題です。

クライアントさんや、ホームページ記事を読んで下さった方から、
よくご質問を頂くのは、

「頑張ってみましたが、どうしても大人になりきれません。
自分はやっぱりダメな人間なのでしょうか・・」

です。

答えから申し上げますと、「そんなことはありません」
大人になりきれないのは、ある意味「当然なこと」なのです。

その理由として・・

冒頭に書きましたように、私たちの心の『素の姿』はエスで、
それはどんなに頑張ろうとも、変えることはできません。

そしてエスとは、理知とは無縁な、とて原始的で幼稚な精神です。

私たちはそんな赤ん坊のようなエスに、その時必要な仮面を無理やりつけて、
社会生活を『取り繕っている』に過ぎないのです。

ですから当然、良い妻を演じたあと、ホッとしたときに
ワガママな自分が出てしまったとしても、それは不思議ではありません。

真面目な会社員を演じたあとに、繁華街で一杯飲んで、
ちょっとハメを外したとしても、それは「あり得る話」です。
※もちろん程度の問題はありますが。(笑)

むしろ、四六時中、正座して『いい人』を演じるなんてことは、
無理というより不可能なことなのです。(^^;

なので、こう考えてみては如何でしょう。

怠けちゃえ、や、テキトーでいいよ、というエスの要求に負けず、
「頑張るべきときに頑張れる人を目指してみよう」
「今日の自分は大人だったな・・と思える日を少しずつ増やしてみよう」


昨今『自分にご褒美』という話をよく耳にしますので、
この言葉を使って、
「今日はとても頑張れた、だからこれをご褒美に」と、
ケーキを買ったり、晩酌を多めにしたり。(*^^*)

逆に「頑張れなかったなぁ」と思ったときは、
「明日こそご褒美を勝ち取るぞ」くらいな感じて。(^^)v


ともあれ、私たちの心の原形であるエスは、
一筋縄ではいかない相手、とても手の焼ける相手ですから、
少しずつ頑張り続けるしかないのです。

しかし、頑張り続ける、その継続によって、
自我が(ある程度)エスをコントロールできるようになれば、
あなたの生活も、はるかに向上しているはずです。


最後に・・繰り返しになりますが、

もちろん、四六時中、大人である必要はありませんし、
それは不可能ですから(成れなくても)安心して下さい。
スポンサーサイト